sample

車売却する時によくある質問

白い車

車を売却したいと思っても、自動車本体だけ持っていけばいいというものではありません。

それに車の種類や状況などによって、用意するものが異なることもあります。 車売却に必要なものを事前にチェックして、時間のロスを無くしましょう。

基本的に必要なもの

車を売却するときには、以下のものが必要になります。

軽自動車は登録するときに印鑑登録証が必要ではないため、実印と証明書がなくても手続きが可能です。 他にもスペアキーや取り外した純正のパーツなどがあれば、揃えておきましょう。

車売却の際に必要な書類を紛失していたら?

自賠責保険証や自動車検査証といったものは、グローブボックスやドアポケットに入れてあることが多いものです。

もし検問などで止められて警官に提示を求められたら、素早く出さなくてはいけません。 ところがそんな大事な書類でも、紛失してしまうことがあります。

もし大事な書類を紛失してしまったら、落ち着いて発行元へ連絡して再発行をしてもらいましょう。 自賠責保険証は保険会社、自動車検査証は登録した陸運局、納税証明書は管轄の都道府県税事務所です。 身分証明書と手数料を用意し、なるべく早く再発行させて下さい。

書類に記載している住所氏名が異なる場合

車を購入後に引越しをしたために、現住所と書類に記載されている住所が異なることがあります。

本来なら手続きを踏んで車検証の住所も変更しなくてはいけないのですが、うっかり忘れてしまう人も多いでしょう。

その場合は住民票など、住所変更が分かる書類を一緒に提出しなくてはなりません。 何度も住所変更した場合は、住民票の附表、あるいは戸籍謄本が必要になります。

また、女性の場合だと結婚で姓が変わってしまうこともあるでしょう。 その場合は、戸籍謄本が必要になります。

分からないことがあるなら買取店に確認

車の売却時には他にも譲渡証明書や、名義変更手続きを下取りあるいは買取店に依頼するための委任状が必要になります。

譲渡証明書は登録の必要のない軽自動車では必要ありません。 個人間での車売却でも買い取る側が名義変更などの手続きをすることが一般的なので、委任状や譲渡証明書は必要になります。

しかし、この2つ書類は車売却の際には業者の方で用意してくれるので、個人で作成して用意する手間はありません。 色々と査定してもらってどこに買い取ってもらうか決めたら、車の売却時に必要なものは最終的にお店で確認するといいでしょう。

※コラム
車を売却する時って、どうやったら高く売ることができるのかと考えますよね。 でも、車を購入することを考えている時点では、売る時の事まで気が回る方は少ないようです。 車の色にこだわらないのであれば、一般的な人気色である白、あるいは黒、もしくはグレーの車体色を選ぶべきです。 余りにも奇抜な色だと、売る時には値段を下げてしまう原因となります。 あと、車を購入する時はほとんどの人はリッチ感のある高級車を乗りたいと考えますよね。 でも、高級車は値下がり幅が大きいので、中古車として売る時の事を考えるとお得とは言えません。 例えば、新車購入の半年後に売った場合、価値が3割減るとします。 100万円の車なら70万円で売ることができ、減った額は30万円です。 これが、500万円の車なら売値は350万円となり、150万円も価値が下がったことになります。 ですから、売る時の事を考えると、購入する時にはあまり販売価格が高すぎる車は買わない様にした方が良いのです。